2016年8月27日土曜日

中国陶磁器 特別講座 「元染付」

中国・元青花

その歴史と見方のポイント

特別2時間講座
世界のオークションで高値更新の中国が誇る最高の磁器

元朝(12711368)は、モンゴル族によって建てられた中国の王朝です。この時代、東西交流の活発化に伴う多民族文化の流入によって、様々な工芸品が生み出されました。なかでも、白磁に青い絵付けを施した「青花」は、その高い芸術性と後世への影響力から、美術史上極めて大きな意義を持っています。しかし元青花は、いつ頃どこで発生したのか、いまだに解明されておらず、謎が多い陶瓷器であることは、あまり知られていません。
そこで本講座では、繁栄を極めた元の歴史を軸として、さらに中国の最新の研究を踏まえた上で、景徳鎮に点在する生産地点やその管理体制など、元青花が生産された背景を把握します。そして、世界中の伝世品や出土資料を見ることで、多種多様な元青花に触れていきます。この機会に本講座を通じて、贋作の極めて多い元青花についての正しい理解を一層深めて頂きたいと思います。

日時: 2016918日(日曜日)午後630分開始 
     (830分終了予定)
場所: 京浜東北線 大井町駅下車・南口広場前
    LAVI ヤマダ電機奥のきゅりあん4
定員: 28名   
受講料: 2時間 5400円(税込)
お申込み:メール又は電話/FAXでお申し込みください。
電話/FAX:03-3387-8703 
     (ご氏名・電話番号をご明記/ご伝言ください。)



2016年5月25日水曜日

最近の猫の大福



 猫の大福がやってきて3年、もうすっかりここを我が家と思ってくれているようです。先日も講座の合間に原稿を書いている間、いつの間にか大ちゃんが椅子の上でうたた寝をしていました。

 手彫りの装飾が施された木製の古い貫禄ある椅子ですが、大ぶりな座面に貼られた革もほどよい感触になっていて座り心地がとても良いです。そこに冬は電気で暖かくなるクッションを置いてあげたら、それ以来すっかり大ちゃんのお気に入りの椅子になってしまいました。大ちゃんによく似合っています。
 このところ、椅子の前には骨董品の箱が積んであるのですが、そこになぜか手をついて寝ているのが、かわいくてつい写真を撮ってしまいました。



 大ちゃんは写真嫌いでカメラを向けるとわざと不幸そうな顔をしたり、ギャングみたいな柄の悪そうな顔をしてみたり、そっぽをむいたりしてしまうので、寝ている時がチャンスです。

 もうそろそ8歳になるのに、いつまでも赤ちゃんみたいにかわいい大ちゃんです。


2016年4月13日水曜日

金の成る木

 最近ベランダが花盛りです。
昨年末に中野ブロードウェーの地下商店街に買い出しに行った際にくじ引きで当たったゼラニウムが次々と真っ赤な花を咲かせてくれました。



 その下には、ミニ・シクラメンが大きく育って花をつけてくれました。一昨々年150円くらいで小さな鉢を買ったのですが、水をやらなかったりやりすぎたりで、すぐに萎れてしまい、放ったらかしにしてありました。すっかり枯れてしまったと思っていたのに、翌年から立派に葉を茂らせて、花を咲かせだしました。その翌年にはさらに豪華に花を咲かせ、勢いを増していきました。これに気をよくして益々水をやらないでいたら、今年は去年ほど立派な花付きではありませんが、それでもこれだけ咲いてくれています。


 そしてベランダの端に目をやると、いつの間にか巨大化した金の生る木が花盛りになっていました。多肉植物のようなもので、水をほとんどやらなくて良いと聞いて買ったのが3年ほど前。ずっと花が咲かなかったので、あきらめていたのですが、知らないうちにこんなに見事に!花は触るとちょっとべたべたするので、舐めてみたら微かに甘いです。蜜でしょうか。



 以前はミニバラ等の花々でベランダが賑わった時期もあったのですが、夏の暑い盛りなどにちょっと水を切らすと枯れてしまうので、だんだん荒れ放題になっていました。私には水をやる頃合いというものがわからないので、どうもうまくいきません。先日も変わった色合いのガクアジサイを見つけて買いたくなりましたが、枯らせてしまってはかわいそうなので、グッと我慢しました。

 その代わりに、このサボテンを買ってしまいました。玉翁(たまおきな)という品種らしいです。ホワホワの白っぽい毛で覆われていて、トゲが痛くないので、これなら猫の大ちゃんが匂いを嗅ぎに鼻を近づけても大丈夫です。まるで手毬に花冠をつけたような感じも気に入りました。


 こういう水を頻繁に与えなくて良い植物なら、僕の所でも元気に育ってくれそうです。エアープラントもなんとか枯れずウラングラスにちょうど収まっています。来年もベランダの花が咲いてくれるよう手抜きで見守ります。